SAMPLE SEARCH

耐震性Earthquake resistance

伝統工法と耐震性

伝統構法の耐震性は長い年月を経ても現存する建物(神社・仏閣など)が証明しています。
それは、先代より受け継がれた技術の結晶です。
その技術は、日々安心して生活を送るための住宅には必要だと考えます。

家は常に圧力に耐えています。
地面の揺れ・雨風・紫外線それらが、以上に大きくなる豪雨・台風・地震などの災害
それに耐えうるには、強固な建築物でなければなりません。

伝統建築物の歴史こそが伝統構法の強さを証明しています。
それを推奨しているのがJSCA関西です。
全国で建築講習会を行っており、そのテキストの一部に西畑建設の物件も参考資料として掲載されております。
私たち技術者は自信と誇りを持って日々仕事に打ち込んでいます。

JSCA関西とは(JSCA関西Webサイト)

新着@家づくりコラム  →全てのコラム

土壁のこと健康住宅

・・・土壁をつける最初の工程。竹で組んでつくる「竹小舞」・・・

建方の流れ伝統構法

・・・無事棟が上がったことを喜び、感謝するもの。工事に携わった人が・・・

適材適所伝統構法

・・・材木の性質・くせを見抜き適材適所に材木を使う目利きや微妙な・・・

技術伝統構法

・・・無垢材を使うという事は常に神経を使う作業・・・

<< 前のページに戻る

西畑建設

TEL:089-986-1397
受付:9:00〜17:00
定休日:日曜

お問い合わせ