SAMPLE SEARCH

アレルギーと住宅の関係性(シックハウス)Housing and allergies

アレルギーの増加

「日本人の3人に1人」4200万人以上がアレルギー(厚生省「アレルギー疾患の疫学に関する研究」1992~1996年)に悩まされています。
何らかのアレルギー疾患を持っている人は乳幼児 28.3%、小中学生32.6%、成人 30.6%にのぼります。
平成19年4月の文部科学省調査では、アトピー性皮膚炎の児童生徒約70万人・ぜんそくは約73万人・アレルギー性鼻炎は約118万人(全体の約10%) です。
これは異常な状態が日常化した姿と言っても過言ではありません。

化学物質過敏症

化学物質過敏症とは、ほんのわずかの化学物質で、めまい・頭痛・呼吸困難等を発症してしまう病気。
ハウスダスト・煙・洗濯物・排気ガス・蛍光灯など日常のありふれたものに反応してしまい発症すると以前と同じような生活ができなくなってしまいます。
2008年現在、日本中に一万人以上の人々が化学物質過敏症と言われています。

アレルギーなどの症状は、食べ物や外気の汚染・過労などにも原因はありますが、大きな原因のひとつとして「住空間」が考えられます。

その大きな理由として一生のうち家の中で過ごす時間が長いということです。
様々な機関が出している統計をもとに一般的な主婦の場合を計算すると生涯80年の場合、約65年間を家の中で過ごしていることになります。

近年、接着剤や合板を多用した住宅が増加し、住宅の高気密化が一般的になると同時期に、アレルギーやシックハウスといった症状を発症する人が増えています。
比重で考えると食べ物の6倍の空気を呼吸により取り入れている人間にとって、長期間過ごす家の空気(住空間)は健康と密接に関わることは明らかです。

食べ物を有機無農薬にしても治らなかった症状が、引っ越した途端に改善するといった例は少なくありません。
住宅が、健康に及ぼす影響というのは、重大なファクター(要因・要素)であることは確かでしょう。

特に気をつけて欲しいのは、子供への影響です。

アレルギーなどの症状を発症するまでには、人によってそれぞれの許容量があります。
器(うつわ)をイメージすると、呼吸や食事により有害な化学物質などを体内に取り入れていくと器に注がれる水のように有害物質が溜まっていきます。
その総量が器から溢れ、こぼれ落ちるとき様々な症状が発症すると言われています。
子供はその器が大人よりもはるかに小さいです。
子供は、細胞分裂を繰り返し成長しているので、たったひとつの誤作動で後に致命的な誤作動を引き起こす可能性もあります。
その影響は、幼児より乳幼児・乳幼児よりも胎児の方が大きくなることが明らかです。

特に、お子様がいるご家庭では安心できる素材を使った安全で快適な家を建てて欲しいと思います。
人生の大半を過ごす家だから、帰ったらほっと安心でき快適に暮らせる。そんな素敵な場所であってほしいと考えます。

体験談(お手紙)一覧

<< 前のページに戻る